AGA治療薬の効果や費用が知りたい!AGA治療薬とは

AGA治療薬の費用や相場、そして治療効果について紹介します。AGA治療を始める前にどのような薬で治療してそんな効果が期待できるのか知っておく必要があります。また継続して治療を行うAGA治療でかかる薬の費用の相場も知っておきましょう。

*

AGAの進行を抑える「プロペシア」!育毛効果のある「リアップ」!

AGAの進行を抑える治療薬「プロペシア」

専門的な医療機関で処方されることのあるプロペシアは、現在の薄毛改善に最も効果的な医薬品として有名です。AGAの発生メカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合することにより、抜け毛を促進するジヒドロテストステロンに変わることで起こります。

ホルモン自体の制御は現在の医療技術では不可能なため、酵素である5αリダクターゼを抑制することが基本となっています。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼを抑える働きを持っており、発症してから徐々に進行する薄毛の症状を抑制することができるようになっています。

AGA治療薬として定番の医薬品ですが、効果は育毛剤のように髪の毛の育成を促すのではなく、抜け毛や薄毛を抑えるという点にあります。即効性のある治療薬ではないため、半年または1年以上の長期的な服用が必要ですが、同時に頭皮に塗布する育毛剤などを併用すればより高い効果が期待できるのが特徴です。

現在では世界中で承認され、インターネットでの販売もされていることから手軽に購入することができますが、中には粗悪品や偽薬も紛れていることから、安全に使用するなら医師の処方による正しい服用を心がけましょう。

育毛効果が期待できるAGA治療薬「リアップ」

ドラッグストアで育毛剤が数多く販売されていますが、その中でもリアップは効果的なAGA治療薬とされています。市販される一般用医薬品は副作用を限りなく少なくする反面、効果も薄くなるといったのが常識ですが、リアップは厚生労働省から発毛効果を認められている唯一の育毛剤となっています。

その理由は配合されている成分のひとつであるミノキシジルにあり、何度も繰り返された臨床試験では、薄毛の高い改善率が見られます。わかりやすい範囲では使用開始から3~4ヶ月程度で8割近い人に効果があり、1年間の連続使用で改善率は95%と非常に高い結果を残したことが理由となります。

ミノキシジルは血管拡張剤として開発された経緯があり、その副作用として多毛症が発見されたのが始まりです。詳細なメカニズムは現在もわかっておらず、副作用もいくつか発見されていますが、内服薬として使用せず、外用薬として頭皮に塗ることで副作用を抑えることができることがわかっています。

ミノキシジルを使用することで毛包に直接作用し、髪の毛を成長させる細胞の分裂やたんぱく質合成を促すことが知られており、発毛効果が十分に期待できることから育毛剤として人気を博しています。

AGA治療薬にもあるジェネリックという選択肢

AGAの治療を受ける手段は、日本国内では薬事法により医療機関でしか受けられません。治療薬としては2種類あり、1つが上記の理由で医療機関から処方される内服薬であるプロペシアです。もう1つが血流改善効果から発毛を促進するミノキシジル塗布剤です。ミノキシジルは塗布剤としてのみ認可されており、内服薬は処方・販売ともに禁止されています。

毎月の治療代は1万円を超え、治療には長期間必要なので積み重なると高額になります。毎月の費用を抑える方法に、個人輸入による海外から取り寄せる手段があります。使用は自己責任になりますが、プロペシアを国内より安く購入する事ができます。

またプロペシアはメルク社という製薬会社が作っており、国内で処方されるプロペシアもメルク社製です。全く同じ薬を個人輸入する事で安く手に入れる事ができます。

プロペシアは開発されて特許期間も修了しています。特許期間が終了すると、その権利は世界・国民の共有財産になります。他の制約会社でも製造可能になり販売する事ができます。そうして作られたのがジェネリックです。後発薬であり、最新の製剤技術により飲みやすさ等が改良されています。

開発費が新薬より大幅に削減できる事から、価格を安くして提供する事ができます。プロペシアのジェネリックであるフィンペシア等は、改良された上に安い同一の薬です。選択の価値の高いAGA治療薬と言えます。

AGA治療薬のジェネリックは個人輸入で購入する

AGA治療薬であるプロペシアもミノキシジルも、海外から輸入する事で国内より安く手に入れる事ができます。手に入れる方法は2つあります。1つは海外の現地に行って、自ら購入して国内に持ち帰る方法です。とは言えこれは現実的ではありません。2つ目の個人輸入業者に依頼する事が現実的であり、現在ではこの一択と言えます。

購入方法はネット通販の様に、その業者のサイトで選択して依頼します。支払方法もネット通販同様で入金やカード決済で行います。個人輸入業者は現地の製薬会社と連携していたり、繋がりがあるので安心して購入する事ができます。薬事法により薬を海外から持ち込む場合は、様々な申請が必要です。この手間を代理して行ってくれるので、依頼者は注文して配送されるのを待つだけになります。

海外製品なので説明書き等も日本人向けではありません。説明書もない場合もあります。繰り返しになりますが、個人輸入の場合は全て自己責任になります。よって製薬会社のホームページなどで、薬に関して調べる必要はあります。

業者を利用する事で、塗布剤しか認められていなかったミノキシジルも、内服薬で手に入れる事ができます。価格も代理手数料はほとんど掛かりません。お薬代と国内の配送手数料位です。

公開日: