AGA治療薬の効果や費用が知りたい!AGA治療薬とは

AGA治療薬の費用や相場、そして治療効果について紹介します。AGA治療を始める前にどのような薬で治療してそんな効果が期待できるのか知っておく必要があります。また継続して治療を行うAGA治療でかかる薬の費用の相場も知っておきましょう。

*

AGA治療の費用を抑えるならジェネリック

   

AGA治療はジェネリックで

髪の毛が薄くなっていくAGAは回復に時間が掛かりますので、早期に対策していく事が重要です。一般的な対策は治療薬を服用し、継続する事です。

病院で処方されますが、費用は基本的に健康保険が利用できないので実費となり、ひと月で一万円程掛かります。また回復に時間が掛かるので、長期的に通院していく必要もあります。

治療薬としては日本では男性ホルモン抑制のフィナステリドを含むプロペシアが処方されます。薄毛の進行を止める効果がありますが毛を生やす効果があるのはミノキシジルという、高血圧のお薬から発見された成分です。

双方を使用する事で、薄毛を食い止め発毛を促進できる事が期待できます。日本では薬事法によりミノキシジルは処方されません。そこで個人責任にはなりますが、海外から輸入する事で手に入れる方法があります。

また海外の通貨レートで購入できるので、日本で処方されるより費用は安くなります。さらに安く抑える方法として、ジェネリック品を選択すると良いでしょう。ジェネリックは後発薬であり、成分も効能も同一です。

ミノキシジルタブレットとフィナステリドを含むフィンペシアを選択する事で、費用を70%以上抑える事が可能です。

AGA治療のジェネリック薬で気をつけたいこと

AGA治療薬であるミノキシジルタブレット・フィンペシアは、ジェネリックを選択する事で費用を抑えられます。注意すべきは専門家から処方されるのではなく、自身で輸入するので取扱いに助言・指導が得られない事です。

医薬品である以上、副作用や使用方法を知らないと危険です。特にフィナステリドは女性の服用は厳禁です。さらに言えば、女性が手に持つ事も世界的に禁止されています。皮膚から吸収する危険性があるからです。

フィナステリドは男性に効果があり、女性が体内に入れると胎児に影響を及ぼします。その他妊娠にも影響するので、妊婦さんでなくても注意が必要です。
ミノキシジルも、元々は高血圧のお薬です。

高血圧でない方や、心臓等に持病がある方、そして副作用が出やすい体質の方も取扱いに注意が必要です。ミノキシジルとフィナステリドの取り扱いについては、専門医に相談する事が推奨されています。ネットや電話でも相談できる体制がある医院もありますので、活用すると良いでしょう。