AGA治療薬の効果や費用が知りたい!AGA治療薬とは

AGA治療薬の費用や相場、そして治療効果について紹介します。AGA治療を始める前にどのような薬で治療してそんな効果が期待できるのか知っておく必要があります。また継続して治療を行うAGA治療でかかる薬の費用の相場も知っておきましょう。

*

AGA治療薬ミノキシジルやプロペシアの相場は

   

AGA治療薬の相場は

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが、髪の毛の成長を阻害してしまうため、抜けやすく育ちにくい状態になってしまい薄毛が進行してしまうことを言います。

働き盛りの30~40代ごろに症状が出始めるケースが多いですが、早い人では10~20代でも症状が出てきます。
育毛剤や養毛剤などの市販薬で症状が落ち着く場合もありますが、多くの場合は、専門的な治療薬で治療しない限り、薄毛は進行してしまいます。

専門的な治療とは、皮膚科や専門クリニックを受診することです。医師からの処方薬を毎日内服することで、髪の毛が抜けにくく育ちやすい状態にし、薄毛を予防するものです。

AGA(男性型脱毛症)には、ミノキシジルとプロペシアの2種類の薬を使用するのが主流となっています。治療薬の相場は1ヵ月当たり約25,000~30,000円の費用がかかってきます。

髪の毛を維持するためには飲み続けなければならない薬ですので、自らの金銭事情をよく検討することが必要です。

AGA治療薬は保険適用外

AGA(男性型脱毛症)の治療には、1ヵ月当たり約25,000~30,000円の費用が必要となります。

これだけ高額になるのは、医療保険適用外であり、全額自己負担となってしまうからです。その理由は、生命に関わる治療ではないと厚生労働省が判断し、医療保険の適応から除外しているからなのです。

この高額な費用を捻出するのが困難で治療を止めてしまう人と、ジェネリックの治療薬に移行する人がいます。ジェネリック薬品にするとで、1ヵ月当たりの費用が約1/4~1/6程度に抑えることが出来るため、人気があるのも事実です。

ジェネリック薬品が欲しい場合は、海外からの個人輸入に頼るしかありません。個人輸入代行会社のインターネットサイトから通信販売のように欲しい商品と個数を入力するだけで、簡単に購入することができますが、ニセモノの購入や内服による副作用などのトラブルに対してすべて自己責任となりますので、注意しなければなりません。