AGA治療薬の効果や費用が知りたい!AGA治療薬とは

AGA治療薬の費用や相場、そして治療効果について紹介します。AGA治療を始める前にどのような薬で治療してそんな効果が期待できるのか知っておく必要があります。また継続して治療を行うAGA治療でかかる薬の費用の相場も知っておきましょう。

*

AGAの治療薬は大きく分けて外用薬と内服薬の2種類

   

AGA治療薬の種類

加齢に伴う薄毛は生理現象ですが、加齢問わず薄毛になる場合はAGAを疑います。男性型脱毛症の意味であり、成人男性によく見られる症状です。思春期以降に額の生え際や頭頂部が薄くなっていく場合疑われます。診断は医師が行います。

研究が進み、治療方法も確立されてきました。現在は治療薬で進行を阻止・改善する事が可能です。治療薬の種類は様々ありますが、基本的に外用薬と内服薬です。

外用薬は有効成分を頭皮に塗布し、マッサージを行います。発毛や育毛を促進する塗布藥は昔から販売されていましたが、ミノキシジルという有効成分が発見され日本でも認可されました。

ミノキシジルは薬事法により国内では塗布藥しか認められていません。ドラッグストアで薬剤師の説明を受ける事で購入する事ができます。

内服薬は逆にドラッグストア等では購入できません。国内では必ず医療機関に受診し、AGAの検査を受けます。検査結果確定したら、医師の判断の元で処方されます。

治療薬の特徴について

AGAの原因は男性ホルモンの作用によるものです。5αーリダクターゼという物質が男性ホルモンと結合する事で、毛母細胞の成長を抑制してしまうジヒドロテストステロンになります。

それが発生しない様にする事で、脱毛抑制する事ができます。その治療薬がプロペシアです。内服薬であり男性ホルモンと5αーリダクターゼの結合を阻害する効果があります。

薄毛を改善するには脱毛抑制だけではなく、発毛促進が重要です。その有効成分がミノキシジルです。高血圧のお薬として使用されていましたが、使用者に発毛効果が見られた事から研究が行われ発見されました。

本来高血圧の薬と言う事もあり、血流を良くする効果があります。髪の毛の成長には栄養が必要であり、その栄養を運ぶのは血液です。血流を良くして栄養を届けて発毛促進する事が特徴です。

薄毛改善には以上の様に、原因を抑制して発毛を促す事が重要です。その為、その効果のある2種類の治療薬を組み合わせる事が効果的として採用されています。