AGA治療薬の効果や費用が知りたい!AGA治療薬とは

AGA治療薬の費用や相場、そして治療効果について紹介します。AGA治療を始める前にどのような薬で治療してそんな効果が期待できるのか知っておく必要があります。また継続して治療を行うAGA治療でかかる薬の費用の相場も知っておきましょう。

*

発毛効果のミノキシジルと抜け毛予防効果のプロペシア

   

AGA治療薬の効果とは

日本人男性の約4~5人に1人は、薄毛で悩んでいると言われており、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)です。これは自然に改善することはありませんが、近年では治療により薄毛改善することが多く知られるようになりました。

その主流となっているのが、治療薬よるものです。毎日内服することで、身体の内側から発毛させて自身の髪の毛を育てていく方法です。AGA(男性型脱毛症)と診断されれば、2種類の治療薬が処方されます。

発毛効果のあるミノキシジルと、抜け毛予防効果のあるプロペシアです。この2つの薬により髪の毛の密度が高まり、太く長く成長することで薄毛が改善されていくのです。しかし、飲めばすぐ良くなるというものではありません。

髪の毛には発毛サイクルがあり、それに乗っ取って成長して行くため、効果を実感するまでの期間は最低でも3~6ヵ月以上はかかるでしょう。人には個人差があるため、もっと長い時間を要する場合もあります。

効果が期待できないこともある

AGA(男性型脱毛症)の治療は、高い効果を得られますが、誰でも成功するものではありません。やはり効果が期待できないこともあるので例をご紹介します。

まず、長期間薄毛を放置 していた人の毛根は活動する能力が退化してしまっているため、どんなに治療薬を長年内服しても、発毛が実感できない場合があります。また、体質によっては、副作用が強く出る場合もあります。

主な副作用としては、精力減退、ED(勃起不全)、肝機能障害、血圧低下、胃部不快感などです。AGA(男性型脱毛症)の治療薬は、中断すればまた、薄毛の進行が始まりますので、一生飲み続けなくてはなりません。

前述の副作用を我慢しながらでも薬を飲み続ける人はいないと思いますが、身体に異常を感じた場合は、早期に医師に相談するようにすることが大切です。

また、薄毛治療は、医療保険が適用されませんので、全額自己負担となります。毎月数万円の治療費がかかってしまいますので、経済状況も十分考慮しながら行うことが大切です。